【理系大学生がとるべき資格ランキング】就活にオススメな資格はこれ

理系学生 国家資格
この記事でわかること
  • 就活や社会人になってから資格は有利なの?
  • 理系大学生にオススメな資格はどれ?
  • 理系大学生になぜ資格をおすすめするか?
  • 「そろそろ就活だけど、どんな準備をしておいたらいいのか分からない・・・」
  • 「どんな資格を持っていると他の就活生よりも有利になるのか分からない・・・」
  • 「就職した後、どんな資格が役に立つのか分からない・・・」

このように感じている、大学2年生や、大学3年生は多いのではないでしょうか。
他にも、資格はとらないといけないなと感じている理系大学の1,2年生もいるのではないでしょうか。

今回は、就活やその後、社会人になった時にも有利になる理系大学生がとるべき資格ランキングをまとめてみました!

ぜひ参考にしてみてください!

そこで、今回は第二種電気工事士の仕事内容や、魅力について徹底解説していきます。

そもそも「資格」は就活や社会人になってから有利なの?

結論として、就活「資格」は就活や社会人になってから有利です!

履歴書の項目を埋めることができるだけでなく、ライバルと比較されている時に、
資格」を持っていることで就職活動は非常に有利になります。

最近では、多くの企業が内定を出した学生に対して、基礎知識をつけるために「資格取得」を
促す企業も増えています。

他にも、時間が多くある学生時代に、資格にチャレンジしておくことで、社会人になってから役に立ったという声も多く聞きます。

それほど、「資格」を1つの判断軸にする企業も増えています。

理系大学生の資格に対する悩み

弊社が独自に理系大学生に調査した内容ですと、理系大学生は資格に対して以下のような悩みを抱えている学生が多くいました。

理系大学生の資格に対する悩み
  • 「そろそろ就活だけど、どんな準備をしておいたらいいのかわからない・・・」
  • 「どんな資格を持っていると他の就活生よりも有利になるのかわからない・・・」
  • 「就職した後、どんな資格が役に立つのかわからない・・・」

理系大学生におすすめの資格ランキング●選

「資格が必要な理由は分かったけど、実際にどんな資格をとったらいいか分からない」

「資格勉強にチャレンジしてみたいけど、どんな資格が生きるのか分からない」

そんな方も多くいるのではないでしょうか。

そこで今回は各業界ごとにオススメな資格を紹介します。

第1位:ITパスポート

ITパスポート
ITパスポート

「IT」は私達の日常生活はもちろん、仕事においても切り離せないものとなっています。

しかし、しっかりとITの基礎知識を学んだことがないというも多くいるのではないでしょうか。

そのため、最近では、ITの基礎知識を身につけてもらうために、
IT業界やコンサル業界を中心に、『ITパスポート』を研修制度に入れる企業が増えています。

IT業界や、コンサル業界に就職を希望されている方におすすめです!

『ITパスポート』とは

ITパスは、ITを利用するすべての社会人・これから社会人となる学生が備えていくべきITに関する基礎的な知識が証明できる国家試験です。

ITパスポートの試験では、以下のような問題が出題されます。

①IoTやAIなど新しい技術や、アジャイル開発など新しい手法に関する知識
②マーケティングなど経営全般に関する知識
③セキュリティやネットワークなどIT全般に関する知識
④プロジェクトマネジメントに関する知識

このようにIT全般の知識を網羅的に把握することができるので、各企業の研修制度で多く利用されます。

ITパスポートはこれから、多くの企業の研修制度に取り入れられていく

ITパスポートは、セキュリティやネットワーク、技術に関する知識、経営全般など様々なことを学ぶことができます。

そのため、多くの企業が研修制度として、『ITパスポート』を導入して、基礎知識をつけることができるのです。

今後、AIなどがより浸透していく世界で、ITの基礎知識はとても重要になってきますので、
各社が今後、力を入れていくことが想定されます。

ITパスポートの合格率とは?

ITパスポートの合格率は、50%前後です。

ITパスポートの合格基準は、IRT方式で算出される評価点が合格基準となります。

年度受験者数(人)合格者数(人)合格率(%)
201677,76537,57048.3
201784,23542,43250.4
201895,18749,22151.7
2019103,81256,32354.3
2020131,78877,51258.8
ITパスポート 合格率

第2位:宅地建物取引士

不動産業界や、建設業界で人気な資格として取り上げられる『宅建(正式名称:宅地建物取引士)』。
不動産業界では、従業員の1/5は『宅建』を持っていないと営業ができないなどルールが厳しくなってきています。それだけ、宅建は重要な資格になってきます。

『宅建』とは

宅建(正式名称:宅地建物取引士)は、不動産取引の専門家(宅建士)を示す資格です。

宅建に合格すると宅建士として、不動産の売買や、賃貸物件の斡旋をする際に、
お客様に説明することができます。

不動産業界や、建設業界では必須資格

『宅建』は、不動産業界や、建設業界で必須な資格となります。
就活の際に持っていない場合は、就職後に資格勉強をすることになります。

そのため、時間が比較的ある学生時代に、取得しておくことおすすめします。

宅建士の合格率とは?

宅地建物取引士の合格率は、約15%〜

人事担当の声
  • 弊社は、全学生に宅建の取得を必須としています。それほど、宅建には力を入れており、全社員100%取得を目指しています。(30代:メーカー勤務 人事)
  • 宅建を持っている学生は必死に勉強されていたんだなという印象を面接の際に持ちます。弊社では、実施に学生時代に、宅建を取得していた学生が、その後、入社後すぐに活躍するエースも増えています。(50代:建設業 人事)

第3位:第二種電気工事士

電気工事士は、年間10万人が受験する資格であり、製造業や、ビルメンテナンス業界で有利に働く資格であります。社会人になってから取得する人も多く増えてくる資格です。

『第二種電気工事士』とは

電気工事士は、電気設備の工事・取扱の際に必要な国家資格です。

第二種電気工事士では、「一般住宅」、「小規模な店舗・事業所等」など600V以下で受電する設備の電気工事士ができる資格です。

第二種電気工事士は、電気に関する基礎知識が学べる資格

第二種電気工事士は、電気に関する基礎知識を学ぶことができ、実際に業務で役に立つことを多く学べる資格でもあります。

実際に入社してから、熱心に勉強される方も多く、不動な人気資格です。
製造業やビルメンテナンス業界を目指している方におすすめです!

第4位:危険物取扱者乙種4類

危険物取扱者は、消防法で定められた「危険物」の取扱や、管理などに必要な資格です。

ガソリンスタンドや、化学工場などでは有資格者を配置する義務があります。

危険物取扱者乙種第4類とは

危険物乙4とは、危険物の中でも「甲種」「乙種」「丙種」の3つに分かれています。

その中で 、乙種は、第1類〜6類までに分かれていますが、第4類は、身近な石油類の取り扱いが中心となり、資格に合格すると、ガソリンスタンドなどのバイトで有利になることから取得する人が多くいる資格です。

乙4類は、ガソリンや石油などに関する基礎知識が学べる資格

危険物乙4類は、石油や経由、ガソリン、ハイオクなど私達の生活に身近な石油類を取り扱っており、非常に勉強になる資格です。

また、アルバイトや、社会人生活で役立つこともありますので、取得して問題がない資格です。

王道:TOEIC

TOEICは、今も一番人気がある資格であり、就活だけでなく、社内の研修制度として、
TOEICの研修制度を充実させている企業も多くあります。

『TOEIC』とは

TOEICとは、「Test Of English for International Communication」の略称です。
国際的な意思疎通のための英語のテストであり、多くの企業でTOEICの研修制度を強化するほど人気な資格です。

履歴書には、TOEICは「650点以上」から記載

TOEICは、英語のテストの評価基準として使われることが多く、最近ですと多くの企業が重要視しています。英語ができると多くの企業や、業界で働くことができるので非常に有利な資格です。

履歴書には、「650点以上」から記載していくといいでしょう。
時間がたくさんある方や、将来はグローバルで活躍していきたい方は、「700点以上」を目指していきましょう。

まとめ:理系大学生におすすめな資格

いかがでしたでしょうか。

就職活動にオススメな資格をまとめてみました!

  • 「そろそろ就活だけだけど、どんな準備をしておいたらいいのか分からない・・・」
  • 「どんな資格を持っていると他の就活生よりも有利になるか分からない・・・」
  • 「就職した後、どんな資格が役に立つのか分からない・・・」

このように悩みを抱えている方もぜひ資格を取得して有利になりませんか?

関連記事

1 件のコメント