【第二種電気工事士:合格体験談】テキストと併用して利用したら使いやすかったです。

第二種電気工事士 合格体験

理系国家資格クラウドサービス「パワフルTA」です。

今回は、実際に、第二種電気工事士の合格体験談として、実際のユーザーの声をまとめてみました。

受験前の悩み

最初に勉強しようと思ったのは、2年前です。当時、会社から電気設備の業務もやって欲しいと言われたので、第二種電気工事士にチャレンジしようと思いました。

実際にテキストを購入してみましたが、電気の知識も豊富にあったわけではなく、
非常に苦労したことを覚えています。

当時は、仕事でも多くの業務を行っていたので、モチベーションが続かず、断念してしまいました。

しかし、今年に入ってから、仕事で急遽、第二種電気工事士の資格が必要となったので、
必死に勉強をスタートしました。

どんな時にパワフルTAが役立ったか?

第二種電気工事士を勉強している際に、一番苦労したことは、理論の問題です。
なぜこのような回答になるんだろうか?
参考書だけでは、補足情報とかないから、どのように勉強したらいいのかわからない?

ずっと一人で悩みを抱えていました。

WEBで検索してもわからない。youtubeだと細かく説明されていない。

この悩みをずっと抱えていた時に、パワフルTAと出会いました。

パワフルTAでは、資格の不明点をわからない時に、すぐに講師に相談して、すぐに回答が返ってきました。

これだけのレスポンス速度が速いと困った時に、すぐに聞けるので、資格勉強も効率的に進めることができます。

回答も正確で、これだけいいサービスがあることを知れて嬉しかったです!

資格取得に役立ったこと

資格取得の際に、わからないことをすぐに聞くことができるだけでなく、
学習管理する機能も搭載されていたことが良かったです。

特に、私は一回挫折してしまったことがあるんですが、そんな私でもアプリ上で、
積極的に提案してくれるので、スムーズに資格勉強を進めることができました。

他にも、わからない時には、すぐに講師に質問することができるので、
テキスト+パワフルTAでスムーズに勉強を進めることができて、嬉しかったです。

そのおかげもあり、資格勉強をスムーズに進めることができました。

理系国家資格クラウドサービス「パワフルTA(ティーエー)」とは?

理系国家資格クラウドサービス「パワフルTA」は、
理系の資格勉強において、分からない部分をすぐに解決でき、
自らの学習進捗も管理することができるサービスです。

主な機能

・資格勉強の不明点をすぐに相談することができる「QA機能

・資格の詳細を動画で説明する「動画機能

・資格の学習進捗を管理することができる「管理機能」 など

サービスロゴ
パワフルTA
関連記事