【徹底解説】第二種電気工事士の勉強方法とは?最短合格へのロードマップはこれ!

第二種電気工事士 勉強方法

第二種電気工事士に「最短で合格したい」、「独学で合格したい」などと思う方は多いと思います。

しかし、勉強方法がわからない、どこから進めたらいいのか分からないという方がほとんどではないでしょうか。

そこで、今回は【徹底解説】第二種電気工事士の勉強方法についてロードマップをもとに解説していきます。

これ1つで第二種電気工事士に最短合格することができます。

第二種電気工事士の勉強方法について解説していきます。

目次

第二種電気工事士の試験概要とは?

第二種電気工事士の試験概要は以下の通りです。

筆記試験の概要

第二種電気工事士の筆記試験の概要は以下の通りです。

合格ラインとしては、60点が合格ラインとなります。1問2点という配点となっていますので、50問中30点獲得することができたら合格となります。

概要詳細
解答方法マークシート式(4択問題)
問題数50問
配点1問2点
試験時間120分
満点100点
合格ライン60点
第二種電気工事士の筆記試験の概要

筆記試験の試験概要
  1. 電気に関する基礎理論
  2. 配電理論及び配線設計
  3. 電気機器・配線器具並びに電気工事用の材料及び工具
  4. 電気工事の施工方法
  5. 一般用電気工作物の検査方法
  6. 配線図
  7. 一般用電気工作物の保安に関する法令

実技試験の概要

実技試験は、全13問の候補問題から1題出題されます。

その1問を40分の制限時間内に欠陥なく作り上げると合格となります。

合格ラインとしては、60点が合格ラインとなります。1問2点という配点となっていますので、50問中30点獲得することができたら合格となります。

概要詳細
解答方法配線図に従って、基本的な配線の作業施工をします。
問題数公表問題から1題出題されます。
試験時間40分
合格ライン欠陥がないこと
第二種電気工事士の実技試験の概要
実技試験の試験概要
  1. 電線の接続
  2. 配線工事
  3. 電気機器および配線器具の設置
  4. 電気機器・配線器具並びに電気工事用の材料および工具の使用方法
  5. コード及びキャブタイヤケーブルの取付け
  6. 接地工事
  7. 電流、電圧、電力及び電気抵抗の測定
  8. 一般用電気工作物の検査
  9. 一般用電気工作物の故障箇所の修理

第二種電気工事士の勉強時間とは?

第二種電気工事士試験の概要」を紹介しましたが、実際に合格するにはどのような勉強をすれば良いのか、気になる人も多いのではないでしょうか。

実際に第二種電気工事士に合格するためには、それぞれのタイプによって異なります。

あなたはどちらのタイプ?
  • 計算や暗記が得意な方→40~60時間程度
  • 計算や暗記が苦手な方→80~100時間程度

まずは、自分がどちらのタイプであるのか、明確にしておく必要があります。

1.計算や暗記が得意な方は、40~60時間程度。

計算や暗記などが得意な方は、40~60時間程度で合格することができます。
後ほど紹介する勉強方法を活用することで、効率的に学習を進めることができます。

2.計算や暗記が苦手な方は、80~100時間程度。

計算問題が苦手、暗記がスムーズにできない方は、80~100時間程度用意するといいでしょう。

1日2時間ずつ勉強する場合は、およそ2ヶ月〜3ヶ月程度となります。

第二種電気工事士のおすすめテキスト&アプリ

第二種電気工事士のおすすめテキストやアプリについては、

以下の記事にまとめていますので、参考にしてみてください。

第二種電気工事士の勉強方法とは?

先ほど、章で説明したように、第二種電気工事士の試験の構成は以下の通りとなっています。

この構成をしっかりと理解した上で、学習を進めていくとより合格に近づくことができます。

第二種電気工事士の問題構成とは?
  1. 電気に関する基礎理論(計算問題):5~8問程度
  2. 配電理論および配線設計(計算問題):3~6問程度
  3. 電気機器・配線器具ならびに、電気工事用の材料及び工具(確認問題):7~12問程度
  4. 電気工事の施工方法(確認問題):
  5. 一般用電気工作物の検査方法(確認問題):
  6. 配線図(確認問題+計算問題):
  7. 一般用電気工作物の保安に関する法令(確認問題):3~4問程度

この順序通りに勉強を始める人が多くいますが、こちら通りに学習を進めてはいけません。

試験勉強は「①確認問題→②計算問題→③配線図の問題」という順序で進めていきます。

【完全解説】第二種電気工事士の勉強手順とは?
  1. 電気機器・配線器具ならびに、電気工事用の材料及び工具(確認問題):7~12問程度
  2. 電気工事の施工方法(確認問題):
  3. 一般用電気工作物の検査方法(確認問題):
  4. 一般用電気工作物の保安に関する法令(確認問題):3~4問程度
  5. 電気に関する基礎理論(計算問題):5~8問程度
  6. 配電理論および配線設計(計算問題):3~6問程度
  7. 配線図(確認問題+計算問題):
ポイント

参考書によって学習の進め方は異なりますが、こちらのように進めていただくとよりスムーズに勉強を進めることができます。

【Step1】電気機器・配線器具、材料・工具

1.まずは「工具・機器・材料」から始めよう!

第二種電気工事士の試験において、直ぐに、計算問題から初めてしまう人が多くいます。

しかし、それでは、計算問題が苦手な人などは、モチベーションを維持することができません。

工具や機器、材料は、出題範囲の中でも、配点が多くあります。

そのため、まずは、「工具や機器、材料」などを理解することから始めていきましょう!

ここに注意!

工具や機器、材料を学習する時に、暗記するだけの方が多くいますが、どのように利用するのか、他の工具とどのような違いがあるのかなど注意して理解していくと、より試験の時に有利です。

参考書はもちろん、アプリなども活用して勉強することでスキマ時間を有効活用できます。

こちらのアプリがお勧めです!

第2種電気工事士 筆記 一問一答問題集

全問解説付き 第2種電気工事士 筆記 一問一答問題集
全問解説付き 第2種電気工事士 筆記 一問一答問題集

おすすめアプリは、「第2種電気工事士 筆記 一問一答問題集」です。

まさに第2種電気工事士筆記試験向け問題集アプリの決定版と言えるでしょう。

全問解説付 第2種電気工事士 筆記試験 一問一答問題集とは?
  • 全問解説付きでわかりやすい。
  • 回答履歴で学習の進み具合がわかる。
  • アップグレードで、問題数が230問に増加
  • 過去の出題傾向から、頻出論点の良問が厳選される。
  • ランダムモードでは、未回答、未正解の問題を優先して出題。
  • ネットに繋がっていなくても動作可能。

1-1:機器・一般照明・コンセントの図記号

機器・一般照明の図記号

コンセントの図記号

1-2:開閉器、計器、盤等の図記号

開閉器、計器、盤等の図記号

【Step2】電気工事の施工方法

2.「電気工事の施工方法」を学習しよう!

2つ目は、「電気工事の施工方法」について学習していきましょう!

第二種電気工事士の施工方法は、9種類あります。

施工方法
  1. 低圧屋内配線工事
  2. 接地工事
  3. 金属管工事
  4. 金属製可とう電線管工事
  5. 合成樹脂管工事
  6. ケーブル工事
  7. がいし引き工事
  8. 金属ダクト工事
  9. 金属線ぴ工事
  10. ライティングダクト工事
  11. フロアダクト工事
  12. その他の工事
ポイント

電気工事は「施設する場所」によって可能な工事の種類が異なります。

施設する場所は「展開した場所」「点検できる隠ぺい場所」「点検できない隠ぺい場所」があり、それぞれ「乾燥した場所」「水気・湿気のある場所」に分けられています。

12つの施工方法の違いを理解することが施工方法の問題を解くポイント!

2-1:施工方法

低圧屋内配線

接地工事

金属管工事

金属製可とう電線管工事

合成樹脂管工事

ケーブル工事

がいし引き工事

金属線ぴ工事

金属ダクト工事

ライティングダクト工事

フロアダクト工事

その他の工事

【Step3】一般用電気工作物の検査方法

3.「一般電気工作物の検査方法」は主に4つ!

電気工作物は、「事業用電気工作物」と「一般用電気工作物」があります。

電気工作物とは発電、変電、送電、配電又は電気の使用のために設置する工作物(機械、器具、ダム、水路、貯水池、電線路等)をいい、事業用電気工作物、一般用電気工作物があります。

https://www.meti.go.jp/policy/safety_security/industrial_safety/sangyo/electric/detail/setsubi_hoan.html
電気工作物の違い
電気工作物の違い

一般電気工作物の4つの検査方法や、各測定範囲による違いなどを明確にすることで、一般電気工作物の検査方法をスムーズに理解することができます。

NO.検査項目内容
1目視点検目視や触れてみるなどして、法令を尊守して工事が施行されているか確認する。
2絶縁抵抗測定電路が適切に絶縁されているかを調べるため、絶縁抵抗計(メガー)によって電気工作物の絶縁抵抗を測定する。
3接地抵抗測定接地の状態を調べるため、接地抵抗計(アーステスタ)によって電気工作物の接地抵抗を測定する。
4導通試験回路計(テスタ)などを使用して、配線が正しく接続されているかを確認する。
一般電気工作物の4つの検査方法

3-1.竣工検査と測定

竣工検査とは

絶縁抵抗の測定

接地抵抗の測定

3-2.測定器の種類と使い方

電圧計・電流計・電力計

クランプ形電流計(クランプメータ)

その他のさまざまな測定器

測定器の動作原理と記号

【Step4】一般用電気工作物の保安に関する法令

4.「一般電気工作物の保安に関する法令」 は電気工事の重要な法令!

保安に関する法令は、電気保安4法とも呼ばれており、以下の4つが対象となります。

NO.法令内容
1電気事業法電気事業や、電気工作物の工事・保安などについて規定した法律
2電気工事士法工事を行う個人が対象の法律
3電気工事業法電気工事業者の登録や業務の規則についての法律
4電気用品安全法電気器具等の製造業者・輸入業者が対象の法律
電気保安4法

それぞれの対象範囲や、制限などを把握することが重要です。

4-1:保安4法

電気事業法

電気工事士法

https://www.youtube.com/watch?v=y1KslajDQjQ”

電気工事業法

電気用品安全法

電気設備技術基準

【Step5】電気に関する基礎知識

5.「電気に関する基礎理論」は公式を中心に理解しよう!

電気に関する基礎理論は、第二種電気工事士の基礎となります。

ここは、計算問題がメインとなりますが、苦手意識を持たずに取り組んでいきましょう!

ポイントとして、ただ公式を暗記するだけでなく、単位や公式の説明などが他の人に説明できるまで理解を深めておきましょう!

例えば、電力・電力量・熱量はそれぞれ関連があるので、それぞれの単位の違いや、公式の違いなど理解しておく必要があります。

以下の記事も参考に学習してみてください!

5-1:オームの法則

電線の抵抗

抵抗率・導体と半導体

オームの法則

オームの法則(合成抵抗)

5-2:電力・電力量・熱量

電力・電力量

熱量

5-3:交流回路の基本

正弦波交流

基本回路(抵抗・コイル・コンデンサ)

直列回路の合成インピーダンス

消費電力と力率

5-4:三相交流回路

三相交流回路

消費電力

【STEP6】配電理論および配線設計

6.「配電理論及び配線設計」はそれぞれの違いを明確に!

配電方式は、単相2線式、単相3線式、三相3線式の3つがあります。

NO.配電方式内容
1単相2線式電圧線 1 本,接地された無電圧の線 1 本,計 2 本の電線・ケーブルを用いて単相交流電力を供給する低圧配電方式です。
2単相3線式3 本の電線・ケーブルを用いて単相交流電力を供給する低圧配電方式です。
3三相3線式3 本の電線・ケーブルを用いて三相交流電力を供給する配電方式です。
配電方式

また、許容電流などはそれぞれによって異なってきますので、その辺も覚えていきましょう!

6-1:単相2線式・単相3線式・三相3線式

電圧の種別と電気方式

単相2線式

単相3線式

三相3線式

6-2:許容電流

電線の許容電流

過電流遮断器

漏電遮断器

6-3:幹線の設計

幹線の太さ

過電流遮断器の容量

幹線の分岐

分岐回路の電線の太さとコンセント

分岐回路数

単相3線式

三相3線式

【STEP7】配線図

7.ここが難しい!「配線図」の問題!

第二種電気工事士で一番難しい箇所は、「配線図」の問題です。

配線図の問題は、単線図→複線図に変換することがポイントです!

ここがうまくできるかによって、ここの配点は大きく変わります。

そのため、まずは、単線図から複線図をかけるように取り組んでいきましょう!

7-1:複線図の書き方

第二種電気工事士の勉強方法のまとめ

第二種電気工事士の勉強方法は、試験の構成の7つをしっかりと手順を組んで対応していく必要があります。

この手順通りに学習を進めていくことで効率よく学習を進めていくことができます。

ぜひ、適切な勉強方法を取り入れて資格合格につなげていきましょう!

関連記事