第二種電気工事士の試験概要とは?試験日程や合格率なども解説!

第二種電気工事士 試験概要

第二種電気工事士は、一般住宅の電気工事ができる業務独占資格です。

今回は、第二種電気工事士の試験概要や、試験日程、合格率など解説していきます。

第二種電気工事士とは?

電気工事士」とは、電気設備の工事や取扱いの際に必要な国家資格のことです。
電気工事の欠陥による災害を防止するために電気工事士法により定められている資格で、電気工事に携わる方にとっての代表的な資格となります。

ビル、工場、商店、一般住宅などの電気設備の安全を守るために工事の内容によって、一定の資格のある人でなければ、電気工事を行ってはならないことが法令で決められています。その資格のある人を電気工事士といいます。

引用:ECEE 一般財団法人 電気技術者試験センター

「住宅や、小規模オフィス、店舗など」の600V以下で受電する電気設備の工事ができます。

第二種電気工事士と第一種電気工事士の違い

第二種電気工事士よりも難易度が高い資格として、第一種電気工事士があります。

それぞれの違いは以下の通りです。

第二種電気工事士と第一種電気工事士の違い
第二種電気工事士と第一種電気工事士の違い
第二種電気工事士の業務内容
  • 対象範囲:電圧が600V以下の電気工事ができます。
  • 作業可能場所:一般住宅・小規模オフィス・店舗など
第一種電気工事士の業務内容
  • 対象範囲:最大電力が500kW未満の電気工事を行うことができます。
  • 作業可能場所:ビル・工場・大型店舗など

第二種電気工事士の試験概要とは?

第二種電気工事士の試験概要は以下の通りです。

筆記試験の概要

第二種電気工事士の筆記試験の概要は以下の通りです。

合格ラインとしては、60点が合格ラインとなります。1問2点という配点となっていますので、50問中30点獲得することができたら合格となります。

概要詳細
解答方法マークシート式(4択問題)
問題数50問
配点1問2点
試験時間120分
満点100点
合格ライン60点
第二種電気工事士の筆記試験の概要

筆記試験の試験概要
  1. 電気に関する基礎理論
  2. 配電理論及び配線設計
  3. 電気機器・配線器具並びに電気工事用の材料及び工具
  4. 電気工事の施工方法
  5. 一般用電気工作物の検査方法
  6. 配線図
  7. 一般用電気工作物の保安に関する法令

実技試験の概要

実技試験は、全13問の候補問題から1題出題されます。

その1問を40分の制限時間内に欠陥なく作り上げると合格となります。

合格ラインとしては、60点が合格ラインとなります。1問2点という配点となっていますので、50問中30点獲得することができたら合格となります。

概要詳細
解答方法配線図に従って、基本的な配線の作業施工をします。
問題数公表問題から1題出題されます。
試験時間40分
合格ライン欠陥がないこと
第二種電気工事士の実技試験の概要
実技試験の試験概要
  1. 電線の接続
  2. 配線工事
  3. 電気機器および配線器具の設置
  4. 電気機器・配線器具並びに電気工事用の材料および工具の使用方法
  5. コード及びキャブタイヤケーブルの取付け
  6. 接地工事
  7. 電流、電圧、電力及び電気抵抗の測定
  8. 一般用電気工作物の検査
  9. 一般用電気工作物の故障箇所の修理

第二種電気工事士の試験日程とは?

第二種電気工事士の試験日程は毎年おおよそ決まっています。

第二種電気工事士の試験日程とは?

第二種電気工事士は、上期試験と下期試験があります。または、上期試験と下期試験の中でも、午前と午後に分かれています。

ステップ上期日程下期日程
試験案内3月初旬ごろ8月初旬ごろ
試験申込み期間3月中旬〜4月初旬ごろ8月中旬〜9月初旬ごろ
筆記試験5月中旬〜6月初旬ごろ11月中旬〜12月初旬ごろ
筆記試験(合格発表)6月下旬〜7月初旬ごろ11月下旬〜12月初旬ごろ
技能試験7月中旬ごろ12月中旬ごろ
実技試験(合格発表)8月中旬〜8月下旬ごろ1月下旬〜2月初旬ごろ
第二種電気工事士の試験日程

インターネット申込と書面申込の受付期間

第二種電気工事士の試験申込みは、「インターネットによる申込み」と「書面による申込み」があります。

申込み方法上期下期
インターネット2022年3月18日(金)午前10時~
2022年4月7日(木)午後5時
2022年8月22日(月)午前10時~
2022年9月8日(木)午後5時
書面2022年3月18日(金)~
2022年4月7日(木)最終日の消印有効
2022年8月22日(月)~
22022年9月8日(木)最終日の消印有効
インターネット申込と書面申込みの受付期間
ポイント

インターネットによる申込み」と「書面による申込み」は、それぞれ期限は同日となりますが、書面による申込みでは、消印有効がありますので注意が必要です。

実際の申込み方法は以下の通りですが、今回は「インターネットによる申込み」をおすすめしています。

令和4年度(2022年度)の第二種電気工事士の試験日程は以下の通りです。

第二種電気工事士の合格率とは?

筆記試験の合格率は、およそ60%

第二種電気工事士の筆記試験の合格率は以下の通りです。

過去10年の平均推移だと、およそ60%ほどです。近年では、年2回の開催となり開催日程が増えたことで合格率を上がっている傾向にあるかと思います。

実施年度受験者数合格者数合格率
2021年156,553人92,640人59.2%
2020年104,883人65,114人62.1%
2018年122,266人80,625人65.9%
2017年123,279人68,321人55.4%
2016年112,379人66,379人59.1%
2015年114,528人67,150人58.6%
2014年118,449人69,704人58.8%
2013年105,528人62,272人59.0%
2012年109,564人68,388人62.4%
2011年99,725人58,036人58.1%
第二種電気工事士 筆記試験 合格者推移

実技試験の合格率は、およそ71%

第二種電気工事士の実技試験の合格率は以下の通りです。

およそ71%が実技試験の合格率となっており、筆記試験よりも高い結果となっています。

実技試験は、候補問題13問の中より出題されますので、より高い合格率となっているのではないでしょうか。

実施年度受験者数合格者数合格率
2021年116,276人84,684人72.8%
2020年72,997人52,868人72.4%
2018年100,379人65,520人65.3%
2017年95,398人64,377人67.5%
2016年81,356人55,986人68.8%
2015年84,805人62,216人73.4%
2014年84,072人59,441人70.7%
2013年77,881人57,751人74.2%
2012年84,181人64,000人76.0%
2011年75,205人53,082人70.6%
第二種電気工事士 実技試験 合格者推移

第二種電気工事士の勉強方法とは?

第二種電気工事士の勉強方法ですが、試験構成にそって学習を進めていくとスムーズに進めることができます。

第二種電気工事士の勉強方法の詳細はこちらを参考にしてください。

第二種電気工事士のメリットとは?

住宅や、小規模オフィスの電気工事ができる。

1つ目は、住宅や小規模オフィスの電気工事ができることです。

住宅や小規模オフィスであれば、配線や配電盤、電気設備の設置・交換の工事、スイッチを使うための交換の工事を行うことができます。

現場の代理人として活躍できる。

2つ目は、現場代理人として活躍できることです。

電気工事が図面通りに行われているか、現場で働く技術者の作業手順や方法が適切かどうかをチェックしなければなりません。

経験豊富であれば、第二種電気工事士の資格でも現場代理人として活躍することができます。

DIYに役立てられる。

3つ目は、DIYにも役立てることができることです。

近年では、自宅をリフォームする方も増えてきていますが、一般の方では、コンセントなど電気設備に関する箇所を扱うことが法令で許されておりません。

したがって、リフォームにおいては、電気工事業者に依頼する必要がある場面が発生します。

第二種電気工事士を取得するとコンセントや電気配線なども自らで作業することもできるので、DIYの自由さや、業者に依頼する必要もなくなりますので、費用も安く済むことができます。

まとめ

第二種電気工事士の試験概要や、合格率などについて解説いたしました。

試験概要や試験日程などを把握して、しっかりと準備をして試験当日を迎えましょう。

関連記事