電気工事業法とは?登録や義務内容、帳簿への記載事項などについて解説!

第二種電気工事士 電気工事業法
この記事の内容

電気工事業法(電気工事業の業務の適正化に関する法律)とは、電気工事業者の登録や業務の規制についての法律です。

また、一般電気工作物や自家用電気工作物を保護する目の法律でもあり、「電気保安4法(電気事業法電気工事士法電気工事業法電気用品安全法」の中の1つの法律です。

今回は、電気工事業法の登録や、義務内容、帳簿への記載事項などについて解説していきます。

電気工事業法とは?

電気工事業法(電気工事業の業務の適正化に関する法律)は、電気工事業者の登録や業務の規制についての法律です。

規制を行うことによって、業務の適正な実施を確保して一般用電気工作物や自家用電気工作物の保安を確保することを目的としています。

ポイント

電気工事士法」と「電気工事業法」の違いを明確にしておきましょう。

電気工事業者の登録

電気工事業を営もうとする者は、電気工事業者として登録しないと営業を開始することができません(これを登録電気工事業者といいます。)

登録先は、営業所が1つの都道府県だけの場合は都道府県知事、2つの都道府県にまたがる場合は、経済産業大臣になります。登録の有効期間は5年です。

電気工事業者の登録のまとめ
  • 登録先:営業所が1つの都道府県だけの場合「都道府県知事」、複数の場合は「経済産業大臣
  • 登録の有効期限5年
  • 変更や廃止:30日以内に登録申請先に届出
ポイント

登録のまとめ」内容については、そのまま暗記しましょう。

登録電気工事の義務内容

電気工事業者として、従うべき義務及び事項は以下の通りです。

1.主任電気工事士の設置

電気工事業者は、営業所ごとに主任電気工事士を置く必要があります。

主任電気工事士になるには、以下のいずれかの資格を持っている必要があります。

  • 第1種電気工事士
  • 第2種電気工事士で3年以上の実務経験がある人
2.器具の備え付け

一般用電気工作物の工事を行う電気工事業者は、営業所ごとに次の機器を備え付ける必要があります。

  • 絶縁抵抗計(メガー)
  • 接地抵抗計(アーステスタ)
  • 回路計(テスタ)
3.標識の掲示

登録電気業者は、営業所と電気工事の施工場所ごとに次の事項を記載した標識を掲示する必要があります。

  • 氏名または名称、法人は代表者の氏名
  • 営業所の名称、電気工事の種類
  • 登録の年月日及び登録番号
  • 主任電気工事士等の氏名
4.帳簿の備え付け

電気工事業者は、営業所ごとに帳簿を備え、電気工事ごとに以下の事項を記載し、5年間保存する必要があります。

5.業務規制

業務規制に関する事項は以下の通りです。

  • 電気工事士等でない者を電気工事の作業に従事させてはならない
  • 電気工事に使用する電気用品は、電気用品安全法に定められた適正な表示の付いたものを使用しなければならない
ポイント

登録電気工事」は義務内容は全部で5つある。

電気工事業法の帳簿への記載事項

電気工事業法では、営業所ごとに、帳簿を備え付けることが義務付けされていますが、その帳簿には、以下のような内容を記載しなければなりません。

電気工事士法の帳簿への記載事項
  • 注文者の氏名または名称及び住所
  • 電気工事の種類及び施工場所
  • 施工年月日
  • 主任電気工事士等および作業者の名称
  • 配線図
  • 検査結果

こちらは、5年間保存している必要があります。

ポイント

「帳簿への記載事項」は全部で6つあり、こちらの内容は5年間保存している必要がある。

電気工事業法の試験問題とは?

第二種電気工事士の試験では、電気工事業法についても問題も出題されます。

ここからは、実際の過去に出題された内容をもとに解説していきます。

問題

引用:【問題】令和4年度第二種電気士上期筆記試験【午前】

「電気工事士法」において、一般用電気工作物に係る工事の作業でa,bともに電気工事士でなければ従事できないものは。

解答候補
  • イ:a:配電盤を造営材に取り付ける。,b:電線管に電線を収める。
  • ロ:a:地中電線用の管を設置する。,b:定格電圧100Vの電力量計を取り付ける。
  • ハ:a:電線を支持する柱を設置する。,b:電線管を曲げる。
  • ニ:a:接地極を地面に埋設する。,b:定格電圧125Vの差込み接続器にコードを接続する。

引用:【問題】令和4年度第二種電気士上期筆記試験【午前】

解答

答えは「」となります。

「イ」は、「両方とも、電気工事士でないと従事できません。」

「ロ」は、「両方とも、電気工事士でなくても従事できます。」

「ハ」は、「aは電気工事士でなくても従事できるが、bは電気工事士で ないと従事できない。」

「ニ」は、「aは電気工事士でなくても従事できるが、bはd電気工事士でないと従事できない。」

電気工事業法のまとめ

この記事のまとめ
  • 電気工事業法(電気工事業の業務の適正化に関する法律)は、電気工事業者の登録や業務の規制についての法律。
  • 登録電気工事は義務内容は全部で5つある。
  • 「帳簿への記載事項」は全部で6つあり、こちらの内容は5年間保存している必要がある。

電気工事業法は、電気工事業者の登録として必要な届出となります。

帳簿への正しい記載内容や、保存期限、変更内容の届出など間違いなく行っていきましょう。

関連記事