電気工事士二種は、業務独占資格に該当する国家資格になります。そのため、建物や設備の電気を扱う工事で必ず必要になります。具体的には、一般住宅や店舗などの600ボルト以下で受電する設備の工事です。

ここでは、そんな第二種電気工事士に関する情報を発信していきます。